木村病院(kimura hospital)

木村病院は、岡山県備前市にて地域医療を担い、暮らしの健康づくりを推進しています。

文字の大きさ
小
中
大
TEL:0869-64-2277

禁煙外来のご案内

禁煙外来のご案内

ニコチンガム

2006年より禁煙治療に健康保険等が適用されることになり、患者さまの費用負担も軽くなりました。「禁煙をしたが、何度も挫折した」「一人では禁煙が出来ないと思う」そういった方に、治療という形で禁煙を促します。
診療では毎回呼気一酸化炭素検出器を使い、客観的に喫煙を測定し、カウンセリングを重ねていくので、禁煙をはじめることに自信がない方も、ぜひお試しください。

ニコチン依存症チェック

「いつでもやめられる」と思って吸いはじめたのに、今ではタバコを吸わないと落ち着かない。そんな喫煙習慣の本質は「ニコチン依存症」という病気だと考えられています。

タバコを吸うと、ニコチンが数秒で脳に達し、快感を生じさせる物質(ドーパミン)を放出させます。このドーパミンが放出されると喫煙者は快感を味わい、もう一度タバコを吸いたいという欲求が生じ、それが慢性化していくのが「ニコチン依存症」です。

以下のチェック項目で、5つ以上当てはまる項目がある人は ニコチン依存症である可能性があります。

  • □自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがある。
  • □禁煙や本数を減らそうとして、挫折した事がある。
  • □禁煙したり本数を減らした時に、タバコがほしくてたまらなかったことがある。
  • □禁煙したり本数を減らした時に、いらいらしたり、神経質になったり、憂鬱になったり、頭痛や眠気、食欲不振などに陥ったことがある。
  • □上記の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがある。
  • □重い病気にかかったとき、身体に悪いと分かっていながら吸うことがある。
  • □タバコのために自分の健康に問題が生じていると理解しながらも、吸うことがある。
  • □タバコのために自分の精神に問題が生じていると理解しながらも、吸うことがある。
  • □自分はタバコに依存していると感じることがある。
  • □タバコが吸えないような仕事や人付き合いを避ける事がある。

このページのトップへ戻る

禁煙外来で可能な治療

以下が禁煙外来受診の流れとなります。

禁煙外来の診療予約 通常の来院予約と同様にお電話でご予約ください。
↓
問診・診療 禁煙治療のための条件を確認します。
↓
診療・検査 診察や呼気一酸化炭素濃度の測定。
禁煙補助薬の処方をします。
↓
再診、経過観察 禁煙実行・継続に向けてのアドバイス等行います。

このページのトップへ戻る

禁煙外来で処方可能な禁煙補助薬

ニコチンガム
ニコチンパッチ

健康保険が使えます。
ニコチンを皮膚から吸収させる貼り薬です。毎日1枚皮膚に貼り、離脱症状を抑制します。

ニコチンガム
ニコチンガム

薬局薬店で購入します。
口の中の粘膜からニコチンを吸収させ、離脱症状を抑制します。

バレニクリン
バレニクリン

健康保険が使えます。
ニコチンを含まない飲み薬です。
禁煙時の離脱症状だけでなく、喫煙による満足感も抑制します。

このページのトップへ戻る