木村病院(kimura hospital)

木村病院は、岡山県備前市にて地域医療を担い、暮らしの健康づくりを推進しています。

文字の大きさ
小
中
大
TEL:0869-64-2277

お知らせ

2011年2月14日

脚がむずむずして、眠れないことはありませんか?

①脚に『ムズムズする』『虫が這っている』『ピクピクする』『ほてる』『ピリピリする』『かゆい』などの不快感があり、脚を動かしたくてじっとしていられない。
②座ったり横になったり等じっとしているときに上記症状が起きる。
③歩いたり脚を動かしたりすることで改善する。
④日中より夕方や夜間に強くなる。

上記①〜④のすべてが当てはまる方は、むずむず脚症候群
かもしれません。
むずむず脚症候群とは、脳内のドパミンという神経の調節をする物質が不足していることが原因といわれています。
日本では100人のうち、2〜5人にこの疾患が認められ、
治療を必要とする方は200万人おられると推定されています。
 この疾患の為におきる下記①〜④の症状
①よく眠れない、②日中の眠気、疲労、活動低下、
③脚などの痛み、④気分が乱れる
などの結果、生活に支障を来たします。また、睡眠障害に関しては、睡眠薬が有効ではありません。
 しかし、正しい治療を受ければ、症状を軽くすることができます。
まず、鉄分の補給、カフェイン・飲酒・喫煙の制限、規則的な睡眠、原因となる基礎疾患の治療を行います。それでも症状が気になる場合は、内服薬で治療します。
 これまで、症状の原因がわからず、上記の症状で悩まれていた方は、睡眠中に脚がむずむずしているか否か、当院ではっきり検査することができます。
 お気軽にお問い合わせください。

むずむず脚症候群の情報